ポートフォリオサイト UZURA DESIGN-ROOM|長崎のWEBデザイナーウズラの作品集

Custom Field Templateまとめ|新・ウズラ日常記

ブログ”新・ウズラ日常記”

新・ウズラ日常記

  • 2012
  • 12/18
  • 投稿時間: 17:22
  • カテゴリー:WordPress

Custom Field Templateまとめ

前はよくお仕事で使っていたWordPressのプラグイン”Custom Field Template”。
しかし最近は、固定ページの直編集で済ませていた・・・
まぁ、固定ページでもブログとして使う分には問題ないけどやっぱり本格的にCMSツールとして使うのには限界あるよね!
前からうすうすわかっていたが、導入が面倒で見てみぬふりをしておりました。
最近は積極的にCustom Field Templateを入れるようにしてます。
というわけで、今更ながらアウトプットしてみた!

INDEX

Custom Field Templateとは?

固定ページでサイトを編集していると、タグの構成が少しずつ壊れてきます。
そのような現象がCustom Field Templateを使うとなくなります。
どういうことかというと、各項目別に入力フォームを用意して、タグ部分にはまったく手を触れないでいいようにできています。

設置方法

1.プラグインをインストール

WordPress管理画面からCustom Field Templateをインストールして有効化します。

2.初期設定

WordPress管理画面右側メニュー設定内に”カスタムフィールドテンプレート”という項目が表示されます。
こちらを設定していきます。
私が参考にしたサイト→WordPressとプラグインを使ってお店紹介サイトを作る方法

※項目を複数に増やしたい時は

multiple = true
multipleButton = true

と入力することで、入力フォーム数を増やすことができます。

3.表示させたい固定ページテーマのPHPファイルに以下の文を入れる

<?php
$values = post_custom('name');
foreach ($values as $value) {
    echo "<li>".$value."</li>";
} ?>